文字の大きさ

背景色変更

化学療法について

化学療法について

化学療法とは、抗がん剤を用いて「がん」を治療することを言います。
抗がん剤には、がん細胞の増殖を抑えたり、再発や転移を防いだりする効果があります。
手術や放射線治療が、がんに対する直接的・局所的な治療であるのに対し、化学療法では、より広い範囲に治療の効果が及ぶことが期待できます。

さらに、オキサリプラチン(L-OHP)やイリノテカン(CPT-11)など新規抗癌剤や、ここ数年の分子標的治療薬の導入により、最近10年で格段の進歩を遂げています。
治療成績は大きく延び、がんを小さくしたり、進行を遅らせたりすることにより、その患者さんの生存する期間を延長させる効果があることが示され化学療法は新しい時代を迎えたといえますが、化学療法だけでは大腸癌を治しきることはできません。

そこで、特に肝臓を中心とした消化器がん手術の多い当院では、大阪医科大学附属病院 消化器内科(化学療法グループ)と連携し、切除不能進行・再発症例に対して化学療法を施行することにより、転移巣の大きさ・数を改善させて、ラジオ波焼灼療法を併施し、肝切除を安全に行うといった集学的治療にも積極的に取り組んでいます。

化学療法に使用する薬について

1. 抗がん剤

がん細胞の遺伝子(DNA)の働きを妨げることなどで、がん細胞の増殖を抑えたり、死滅させたりする働きがあります。一方で、正常な細胞の働きも妨げてしまうため、様々な副作用があらわれます。

2. 分子標的薬

がん細胞だけが持つ特徴などを目印にして、がん細胞だけを攻撃する薬です。従来型の抗がん剤にみられる副作用は少ないですが、分子標的薬特有の副作用がみられます。

大腸癌の化学療法には、切除不能な進行再発大腸癌に対する全身化学療法と、手術後の再発を予防するための補助化学療法があります。これらの抗がん剤治療には多くの方法がありますが、基本として広く使われているのがFOLFOX療法とFOLFIRI療法です。さらに、最近では分子標的薬も使うことができるようになり、化学療法が一段と効くようになってきました。

3. 治療スケジュール

(例) mFOLFOX6 + 分子標的薬療法

抗がん剤

  • レボホリナート 200 mg/㎡/2h
  • フルオロウラシル 400mg/㎡
  • フルオロウラシル 2400 mg/㎡/46h
  • オキサリプラチン 85 mg/㎡

分子標的薬

  • アービタックス 250 mg/㎡

当施設で行われているmFOLFOX6+セツキシマブ療法の流れについて紹介します。

1) まず、セツキシマブ(250mg/kg:体重1kg当たり)を60分かけて点滴します。
2) 次に、オキサリプラチン(85mg/㎡:体表面積1㎡当たり)とレボホリナートカルシウム(200mg/㎡)を同時に2時間かけて点滴します。
3) フルオロウラシル(400mg/㎡)を注射(急速静注)します。
4) フルオロウラシル(2400mg/㎡)を約46時間かけて点滴します。この持続点滴には、携帯型ポンプを用います。

 ※これが1コースで、これを2週間ごとに行います。

治療効果について

上記、左写真が化学療法施行前の画像です。 右が化学療法施行後の画像で腫瘍が小さくなっているのが確認出来ます。

抗がん剤の副作用について

抗がん剤は、分裂して増殖しているがん細胞に作用する薬です。正常な細胞でも、分裂速度の速い血液細胞や口腔・胃腸粘膜、毛根の細胞などは、抗がん剤作用の影響を受けやすいです。
そのため、副作用は高い頻度で起きるといっても過言ではありません。副作用の程度には個人差がありますが、副作用を抑える薬や様々な工夫でなるべくこれを軽減するように努力しております。
副作用には自覚症状のないものもあり、抗がん剤治療を行っている間は血液などの定期検査を実施して、副作用の早期発見に努めます。
さらに、がん細胞にも抗がん剤に強いものと弱いものがあって、効果にも個人差があります。副作用が強く、治療を行うことが危険な場合もございます。
現在、消化器がんに使用できる抗がん剤には何種類もあり、各々特性が異なりますので不都合が生じた場合(がんの進行や強い副作用など)には抗がん剤の変更が必要です。
副作用と思ったら、医師や看護師に遠慮なく申し出てください。抗がん剤の変更や減量・中止などについて相談させていただきます。

皮下埋込型中心静脈ポート

癌の治療法の1つとして、化学療法(抗癌剤投与)がありますが、各種癌に対してさまざまな薬剤が開発され、治療成績も向上しています。
内服の抗癌剤であれば、患者さんの行動制限など身体的負担は少ないのですが、注射による投与が必要な場合が多く、長期にわたる治療では血管に治療針を刺すのが次第に困難となり、苦痛をともなうのが課題とされてきました。この問題に対して考案されたのが皮下埋込型中心静脈ポートです。皮下埋込型中心静脈(CV)ポートは、高カロリーの輸液(中心静脈栄養)の投与ルートとして使われ、近年では抗癌剤の投与ルートとして広く使用されています。

1. CVポートの適応

以下の場合に適応となります。

1) 抗がん剤を投与する機会が多い
2) 静脈が細く点滴をすることが困難
3) 薬剤が漏れやすい
4) >薬剤を投与する時間が長い
5) >高カロリーの薬剤を投与する
6) 静脈炎を起こしやすい薬剤を投与する など

2. CVポートの留置

CVポートとは、中心静脈カテーテルの一種で、皮膚の下に埋め込んで薬剤投与するために使用します。CVポートは、100円硬貨程度の大きさの本体と薬剤を注入するチューブ(カテーテル)により構成されます。通常は、首の血管からカテーテルを挿入し、右または左の胸の皮膚の下に本体を埋め込みます。カテーテルの先端は、心臓近くの下大静脈に留置されます。CVポートの表面にはセプタムと呼ばれる圧縮されたシリコンゴムがあり、ここに針を刺して薬剤を投与します。薬剤はCVポート本体とカテーテルを経て血管内に投与されます。

3. CVポートの利点

  1. 皮膚の上から針をポートに穿刺するだけで、確実に薬剤を静脈内に投与することができます。一方、従来から使用されている末梢静脈(手や腕の血管)の場合、血管が細く弱いと針を何度も刺し直す場合があり苦痛を伴います。
  2. 外見上、埋め込んだ部分は目立たず、通常生活に支障はありません。
  3. 両腕を自由に動かすことができるので、薬剤投与中に様々なことができます。一方、末梢静脈留置針使用の場合は、腕を動かすと薬剤の漏れなどの危険性があるので、腕の動きなど行動が制限されます。
  4. CVポートの先端は太い血管に留置しているので、薬剤を投与するときに刺激の強い薬剤を投与しても静脈炎が起こる可能性が少なくなります。
  5. 長時間薬剤投与する場合、入院が必要なことが多いですが、CVポート使用であれば体内に埋め込んでいるので、自宅で治療を行うことも可能な場合があります。
  6. 管理によりCVポートの感染率は低く、長期間使用することができます。
    、などの点が挙げられます。

4. CVポートの欠点

1) 留置するには小外科手術が必要です。
2) 下記の術後合併症が起こる可能性があります。
感染症
動脈損傷、血腫
気胸、血胸
空気塞栓
アレルギー など

担当医師の紹介