文字の大きさ

背景色変更

大腸の病気と治療について

大腸について

大腸は小腸から続き、長さは約2メートルで、結腸(上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸)、直腸に分けられます。
水分やミネラルを吸収し、便を作るはたらきをしています。
食事をして、便が排泄されるまでは通常24〜72時間かかり、大腸に内容物がとどまる時間が長すぎると、水分の吸収が過剰になされ便秘を引き起こし、逆に短いと下痢を起こします。

大腸の病気

悪性の病気

大腸がん、遺伝性大腸腫瘍、など

良性の病気

炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)、過敏性腸症候群、感染性腸炎、虫垂炎、憩室炎、虚血性大腸炎、腸閉塞、大腸ポリープなど、

大腸には様々な病気が発生しますが、特に近年は高齢化や食生活の欧米化などに伴い、大腸がんが増加しています。
最新がん統計のまとめから部位別がん死亡の2018年の順位では、女性ではがん死因の1位になっており、男性では3位になっており、10年後には1位になると予想されます。

大腸がんについて

大腸(結腸・直腸・肛門)に発生するがんには、腺腫という良性のポリープががん化して発生するものと、正常な粘膜から直接発生するものがあります。

大腸がんの発生は、生活習慣と関わりがあるとされています。赤肉(牛、豚、羊など)や加工肉(ベーコン、ハム、ソーセージなど)の摂取、飲酒、喫煙により大腸がんの発生する危険性が高まります。また、体脂肪の過多、腹部の肥満、高身長といった身体的特徴をもつ人で、大腸がんを発生する危険性が高いといわれています。

全大腸に発生する可能性がありますが、約70%は、S状結腸、直腸に発生するといわれています。
年齢別の割合は、40歳代付近から増加し始め、高齢になるほど高くなります。

大腸の粘膜に発生したがんは、次第に大腸の壁に深く侵入し、大腸の壁の外まで広がり、腹腔内に散らばったり、もしくは、大腸の壁の中のリンパ液や血液の流れに乗って、肝臓、肺やリンパ節など他の臓器に転移したりします。

当院の小腸・大腸・直腸手術の実施状況

生活習慣の欧米化にともない大腸癌患者数は増加の一途をたどっています。大腸がんにかかった場合、まず正しい情報を知り、正しい治療法を選択して頂くことが、がん克服の一歩となります。
当院では大腸癌治療ガイドラインに沿って外科治療、内視鏡治療、薬物療法や緩和医療など、さまざまな治療を行っております。

日本消化器外科学会専門医・指導医、日本内視鏡外科学会技術認定医である医師により、安全に切除できる様に体制を整え、手術に関しては、待機手術の90%以上を腹腔鏡手術で行っております。

日本消化器外科学会専門医
日本内視鏡外科学会技術認定医

大腸癌に対する治療法

  • 外科治療
  • 内視鏡治療
  • 薬物療法
  • 放射線治療
  • 緩和医療
    などがあります。

大腸がんの治療法は、がんの進み具合、いわゆるステージ(病期)に基づいて決まります。がんが切除できる場合は、内視鏡治療または手術治療が選択されます。しかし、進行度によっては薬物療法や放射線治療が優先される場合があり、再発予防のために薬物療法が行われることもあります。

ステージ0 がんが粘膜の中にとどまっている
ステージⅠ がんが大腸の壁(固有筋層)にとどまっている
ステージⅡ がんが大腸の壁(固有筋層)外にまで浸潤している
ステージⅢ リンパ節転移がある
ステージⅣ 遠隔転移(肝転移、肺転移)または腹膜播種がある

ステージ 0~Iの治療方針

リンパ節転移の可能性がほとんどなく、がんが大腸壁の粘膜内にとどまっている粘膜内がんや、粘膜下層に浸潤しているステージIのがんのうち、浸潤の程度が軽い場合は内視鏡で安全かつ完全に切除可能と思われ、内視鏡治療が考慮されます。一方、ステージIでも粘膜下層に深く浸潤している場合や、深達度が浅くても大きさや存在する部位などにより内視鏡治療が困難な場合には、手術治療が選択されます。

ステージ 0~Ⅲの治療方針

ステージ0~Ⅰで内視鏡治療が困難ながんや、ステージⅡ、Ⅲのがんには手術治療が行われます。リンパ節転移の可能性がある場合は、腸の切除だけでなくリンパ節郭清も行います。再発の可能性が高いがんなどには、術後に補助化学療法が行われます。

大腸がんの転移の仕方(経路)には、大きく分けて次の3種類があります。

  1. 血行性転移
  2. 大腸から流れ出る血液はまず肝臓に集まります。がん細胞が血液に乗って流れていくことで肝臓や肺への転移は起こります。このような転移を血行性転移といいます。大腸がんが転移する臓器は肝臓が最も多く、次に多いのが肺です。そのほか、骨や脳に転移することもあります。

  3. 播種
  4. 腹膜播種は、がんが大腸の壁の外側に出てきた場合に、そこからがん細胞が腹腔内に散らばって、腹膜などに生じる転移です。おなかの中全体で広がるように増殖すると、「腹膜播種」または「がん性腹膜炎」と呼びます。

  5. リンパ行性転移
  6. がん細胞が大きくなるにつれて、大腸の壁の中にあるリンパ管に入り込んできます。リンパ管の流れのなかのリンパ節には、免疫の働きによって病原体を攻撃し排除する機能があります。しかし、がん細胞がリンパ節での攻撃に打ち勝つと、そのリンパ節の中で増殖を始めます。これを「リンパ節転移」といいます。リンパ管は全身に張り巡らされているので、リンパ節転移したがんは、リンパ管を通じてさらに次のリンパ節に流れていき、そこでまた増殖します。このようにリンパ管を伝って広がっていくことを「リンパ行性転移」といいます。

ステージ Ⅳの治療方針

ステージ Ⅳ 大腸癌とは、肝転移、肺転移、腹膜転移、脳転移、遠隔リンパ節転移、その他の転移(骨、副腎、脾など)を伴う同時性、遠隔転移のある大腸がんです。大腸癌研究会の全国登録 2000~2004年における同時性遠隔転移の頻度は、肝臓 (10.9%)、肺 (2.4%)、腹膜 (4.5%)、骨 (0.4%)、脳 (0.0%)、Virchow (0.1%)、その他 (1.2%)、でした。Stage Ⅳ 大腸癌の場合、手術治療、化学療法や放射線療法などを併用して、原発巣の根治切除と遠隔転移の切除を考慮します。

再発大腸癌の治療方針

再発大腸癌の治療目的は、予後向上とQOL (Quality of Life, 生活の質)の改善となります。治療法としては、手術療法、全身薬物療法、放射線療法などがあります。切除可能ならば、手術療法を考慮します。

大腸癌研究会の全国登録「2007年症例」における再発部位の頻度は、

大腸がん
肝臓 (7.2%)、肺 (3.9%)、腹膜 (2.5%)、局所 (0.7%)、吻合部 (1.0%)、その他 (4.0%)
直腸がん
肝臓 (7.0%)、肺 (8.1%)、腹膜 (1.1%)、局所 (4.1%)、吻合部 (1.3%)、その他 (6.1%)

大腸癌の手術

1. 癌の発生部位、大きさによって、大腸の切除範囲が変わります。

がんの位置より約10cm離して腸管を切除するとともに、腫瘍を栄養している血管に沿って認めるリンパ節も同時に切除します。リンパ節を切除する範囲はがんの進行度により変わります。再建法は手縫いによる吻合、器械吻合がありそれぞれの切除部位に応じて行われます。

(図は日本消化器外科学会ホームページ(2020年4月)から引用)

2. 直腸では,がんのできた位置により2種類の手術法が選択されます。

一つは自然肛門を温存した直腸切除術(括約筋温存手術)、腫瘍より約2~3cm離して直腸を離断し吻合を行います。
もう一つは肛門および括約筋も切除してしまう直腸切断術、自然肛門は失われてしまいますので,ストーマ(人工肛門)の造設が必要となります。

(図は日本消化器外科学会ホームページ(2020年4月)から引用)

腹腔鏡下大腸切除術

近年、腹腔鏡下大腸切除術は全国的に急速に普及しており、適応も拡大傾向にあります。当院でも2018年度から腹腔鏡システムを一新し、最新の機器、設備を導入し、より安全かつ低侵襲な手術を提供できるように工夫しております。

腹腔鏡下大腸手術におけるメリットは以下のようなことがあげられます。

  1. 手術創が小さく、美容面で優れる
  2. 術後の痛みが少ない
  3. 術中の出血量が少ない
  4. 胃腸の回復が早い
  5. 早期に退院ができる
  6. 術後の癒着が少ない

1. 術前3D血管シミュレーション

当院では、Synapse VincentTMという、3D画像解析システムを導入しております。腫瘍の存在部位、腫瘍と血管との位置関係を手術前に把握することで、安全および合理的な大腸切除を行っています。

2. 光線力学診断法を用いた大腸手術【ICG蛍光法】

大腸の手術においては、病変を切除し、腸と腸をつなぐ“吻合操作”が必要となることが多く、吻合には、腸の血流状態が非常に重要となります。インドシアニングリーン(ICG)という試薬を用いることで、血流が良好な部分、不良な部分が手術中に肉眼的にかなり明確になります。

担当医師の紹介