文字の大きさ

背景色変更

鼠経ヘルニアについて

鼠径(そけい)ヘルニアについて

鼠径ヘルニアは『脱腸』とも呼ばれ、足の付け根あたり(鼠径部)が膨らむ病気です。筋膜が薄くなっている部分から、本来はお腹のなかにある腹膜や腸などの内臓が外に飛び出してしまった状態です。

鼠径ヘニルアの発生頻度

鼠径ヘルニアは、50歳代以上の方が特に多いと言われています。子供の病気と思われがちですが、成人になってからが多い病気です。 80%以上が男性で、男性の3人に1人は一生涯で一度は鼠径ヘルニアを発症する可能性があります

鼠径ヘニルアの原因

鼠径部は生まれる前に睾丸や子宮を引っ張る管が通過するため、筋肉(筋膜)に孔が開いています。
この通路の部分が生まれつき閉じてないとヘルニアになります(生まれつきの原因によるもの=先天性)。
筋肉が様々な原因で弱くなったり、おなかの圧力が上がって筋肉がおなかを支えきれなくなるとヘルニアを起こします(生活習慣や加齢によるもの=後天性)。
おなかに力を入れる機会や立っていることが多い人(肉体労働者、声楽家、吹奏楽器の演奏、便秘症の人、前立腺肥大症の人、咳が多い人など)に多く、肥満、妊娠、慢性的な咳、便秘、肝硬変などによる腹水貯留なども誘因とされています。

鼠径ヘニルアの治療方法

成人鼠径ヘルニアは自然治癒はなく、手術で治療するか経過観察していくしかありません。
(鼠径部ヘルニア診療ガイドライン2015から引用)

しかし、ヘルニアの『嵌頓 (かんとん)』といって、飛び出した腸などの内臓が皮膚の下に戻らなくなることがあります。その場合、内臓への血の流れが悪くなり、最悪の場合内臓が腐ってしまいます (壊死といいます)。放置すると、腸閉塞、腸管壊死、腹膜炎となり、緊急手術が必要になります。

痛みがなく鼠径部が膨れるのみなど症状の軽い患者さんの嵌頓率は、年間で1%程度ですが、発症後3ヵ月以内、50歳以上の方は比較的嵌頓が生じやすいといわれています。 無症状、もしくはわずかしか症状がない鼠径ヘルニアの患者さんでも、そのうち70%のかたは、いずれ痛みなどの症状が発生し手術が必要となる、とされています。

鼠径ヘニルアの手術方法

治療は、飛び出した内臓をおなかの中に戻し、その穴を塞ぎます。
1990年代までは筋肉を縫い合わせる方法が主流でしたが、現在では人工物の鋼 (メッシュ: 人体に使用しても安全な化学繊維) を用いて修復する方法が主流となっています。

脱腸帯という体の表面から圧迫するベルトがありますが、これは抑えているだけで治療にならないばかりか、状況によっては飛び出した内臓を傷つける場合がありお勧めしません。

鼠径ヘニルアの腹腔鏡手術

鼠径ヘルニアの手術方法の一つに、腹腔鏡手術があります。腹腔鏡手術とは、操作鉗子をおなかの中に挿入し、腹腔鏡の画像を大きなモニターに映し出して行う手術です。

腹腔鏡手術では鼠径部のヘルニアになりやすい5つの弱い部分(内鼠径ヘルニア、外鼠径ヘルニア、大腿ヘルニア、外側三角部、閉鎖管部)を1枚のメッシュで全てしっかりと覆うことが出来ます。

この方法には、大きく分けて

  • TAPP (transabdominal preperitoneal approach)法
    腹腔内(おなかの内側)から手術を行います
  • TEP (totally extraperitoneal approach)法
    腹壁内(おなかの壁)から行います

などがあります。

TAPP (transabdominal preperitoneal approach)法

TEP (totally extraperitoneal approach)法

腹腔鏡手術の長所

1) 入院期間が短く、早期の社会復帰が可能です
入院は2泊3日を基本としており、ほとんどの方が手術翌々日に退院されます。
2) 傷が小さく美容的です
傷は小さい傷が3か所(それぞれ5mm程度)だけです。
3) 術後の疼痛が軽度です
傷が小さいので、手術の後の痛みも比較的軽度です。
4) 両側ヘルニアでも同一創での手術が可能です
5) 術後の制限がない
退院後より運動制限はありません。腸が飛び出す隙間の入口側にメッシュ(人工補強材)当てて補強するので、お腹に力がかかっても特に影響はないからです。
6) 大きいメッシュで補強することができる
従来法の2倍程度の大きさのメッシュで補強することができ、カバーできる範囲が広くなるので、再発率の低下につながります。

腹腔鏡手術の短所

短所は全身麻酔が必要となることが挙げられます。
全身麻酔に伴う危険性が高い方の場合、例えば心臓や肺の機能が悪い方や、喘息の方の場合は、脊椎麻酔でできる従来の方法が望ましいです。 また、過去に下腹部の手術をされたことのある方も、癒着の影響で腹腔鏡手術が適応とならない可能性がありますので、一度ご相談ください。

担当医師の紹介