文字の大きさ

背景色変更

胃の病気と治療について

胃について

胃の主な機能は、食物の貯留・攪拌(かくはん)・排出です。

貯留:

食べ物をいったん貯留し、消化吸収のための準備を行います。

攪拌(かくはん):

胃の壁は、食べ物を混ぜるために厚い筋肉で作られています。
内側は粘膜という柔らかい組織で覆われています。
粘膜からは胃酸と消化酵素を含む胃液が出ますが、胃自体が消化されてしまわないように粘膜を保護する粘液も出てきます。

排出:

胃で消化された食物がかゆ状になると幽門が開いて十二指腸に運ばれます。

胃の病気

悪性の病気

胃がん、胃リンパ腫、胃肉腫 など

良性の病気

急性胃炎、慢性胃炎、胃潰瘍、胃ポリープ症、胃アニサキス症、巨大肥厚性胃炎(メネトリエ病)、食道裂孔ヘルニア、胃静脈瘤、機能性ディスペプシア など

がん統計

胃にはいろいろな病気があります。特に、胃がんは、日本、中国、韓国をはじめとする東アジアに多い病気です。
日本では、男性で89,000人、女性で40,000人、1年間に合わせて約130,000人ほどが罹患していて男性では最も多く、女性では3番目に多いがんになります。
5年生存率と言われる治癒率は約60%程度ですが、早期に見つかれば90%以上の治癒が見込めます。

胃がんについて

胃がんは、胃の壁の内側を覆う粘膜の細胞が、様々な原因でがん細胞となり、増えていくことにより発生します。

1. 発生要因

ヘリコバクター・ピロリ菌(ピロリ菌)感染や、喫煙や食習慣(塩分の多い食事や、野菜と果物不足)が胃がんを起こすリスクとされています。
胃がんになりやすい人としては、ピロリ菌に感染している、または感染していた人、潰瘍や胃炎の既往がある人があげられます。
胃がんの方のほとんどは、ピロリ菌に感染しています。

2. 胃がんの深達度

胃の粘膜に発生したがんは、大きくなるに従い、胃の壁に深く侵入していきます。徐々に粘膜下層、固有筋層、漿膜へと外側に深く進んでいき、胃の壁の外まで広がり、腹腔内に散らばったり、もしくは、胃の壁の中のリンパ液や血液の流れに乗って、肝臓、肺やリンパ節など他の臓器に転移したりします。

早期癌(T1) 進行癌(T2-4)
T1a:粘膜内にとどまっている T2:筋層に入り込んでいる
T1b:粘膜下層にとどまっている T3:漿膜下層に浸潤している
T4a:漿膜を越えて、胃の表面に出ている
T4b:他の臓器に浸潤している

3. 胃癌取扱い規約

N1: 領域リンパ節(No. 1~12,14v)の転移個数が1~2個、N2:3~6個、N3:7個以上
M1: 領域リンパ節以外の転移がある(CY1も含む)

胃がんに対する治療法

  1. 内視鏡治療
  2. 手術治療
  3. 薬物療法
  4. 放射線療法
  5. 緩和医療

などがあり、当院では胃切除を中心に、薬物療法や緩和医療なども行なっています。

胃がんの治療法は、がんの進み具合、いわゆるステージ(病期)に基づいて決まります。がんが切除できる場合は、内視鏡治療または手術治療が選択されます。しかし、進行度によっては薬物療法や放射線治療が優先される場合があり、再発予防のために薬物療法が行われることもあります。

胃がんに対する治療法にはいくつかありますが最も一般的なのが手術による治療です。そのほか抗がん剤を用いた薬物療法があり、また放射線療法もありますが一般的ではありません。

1. 内視鏡治療

一部の早期胃がんに対しては内視鏡を使ってがんを切除します。
ただしリンパ節転移の可能性のある人に対しては行えません。
当院では胃がんガイドラインに沿った適応で内視鏡治療を行っています。

2. 手術治療

胃がんの手術治療にはさまざまな手術方法があります。
基本的には胃がんを含めた胃とその周囲のリンパ節を取り除きます。
代表的な手術療法は、胃の約3分の2を切除する 「幽門側胃切除術」 と、胃をすべて切除する 「胃全摘術」 、および胃の口側を切除する 「噴門側胃切除術」があります。
どの術式も胃の周囲に存在するリンパ節も一緒に取り除きます。
切除する胃の大きさ、リンパ節を取り除く範囲は、がんの大きさ、リンパ節の状況により決まります。

・幽門側胃切除

・胃全摘除

胃を全部切除し、食道と空腸を縫いつなぎ合わせます。

・噴門側胃切除

食道と残胃を吻合します。食道への逆流防止のために噴門形成を追加したり、食道と残胃との間に小腸によるパウチを置くようにしています。

(図は日本消化器外科学会ホームページ(2020年10月)から引用)

当院の胃手術の実施状況

胃がんに対する腹腔鏡下胃切除術

胃がんに対する腹腔鏡手術は、安全性が確認され、現在は保険給付の対象となっています。しかし、技術的難易度も高く施設ごとの適応は違います。

当院では、日本消化器外科学会専門医・指導医、日本内視鏡外科学会技術認定医である医師により、安全に切除できる様に体制を整えています。手術に関しては、待機手術の90%以上を腹腔鏡手術で行っております。

幽門側胃切除術、胃部分切除術にとどまらず、ほとんどの胃癌術式において腹腔鏡手術を導入しており、症例に応じて根治性を考慮したうえで腹腔鏡手術を積極的に実施しています。吻合は全例で体腔内吻合にて行い、創をできるだけ小さくした完全腹腔鏡手術を行っています。

日本消化器外科学会専門医
日本内視鏡外科学会技術認定医

腹腔鏡下胃切除術

近年、腹腔鏡下胃切除術は全国的に急速に普及しており、適応も拡大傾向にあります。当院でも2018年度から腹腔鏡システムを一新し、最新の機器・設備を導入し、より安全かつ低侵襲な手術を提供できるように工夫しております。

腹腔鏡下胃手術におけるメリット

  1. 手術創が小さく、美容面で優れる
  2. 術後の痛みが少ない
  3. 術中の出血量が少ない
  4. 胃腸の回復が早い
  5. 早期に退院ができる
  6. 術後の癒着が少ない  などが挙げられます。

胃がんの転移の仕方(経路)には、大きく分けて次の3種類があります。

・血行性転移

胃や腸から流れ出る血液は肝臓に流れます。がん細胞が血液に乗って流れていくことで肝臓や肺への転移は起こります。このような転移を血行性転移といいます。胃がんが転移する臓器は肝臓が最も多く、次に多いのが肺です。そのほか、骨や脳に転移することもあります。

・播種(はしゅ)

腹膜播種は、がんが胃の漿膜の外側に出てきた場合に、そこからがん細胞が腹腔内に散らばって、腹膜などに生じる転移です。おなかの中全体で広がるように増殖すると、「腹膜播種」または「がん性腹膜炎」と呼びます。

・リンパ行性転移

がん細胞が大きくなるにつれて、胃の壁の中にあるリンパ管に入り込んできます。リンパ管の流れのなかのリンパ節には、免疫の働きによって病原体を攻撃し排除する機能があります。しかし、がん細胞がリンパ節での攻撃に打ち勝つと、そのリンパ節の中で増殖を始めます。これを「リンパ節転移」といいます。リンパ管は全身に張り巡らされているので、リンパ節転移したがんは、リンパ管を通じてさらに次のリンパ節に流れていき、そこでまた増殖します。このようにリンパ管を伝って広がっていくことを「リンパ行性転移」といいます。

術後補助療法

術後補助化学療法とは、治癒切除後の微小遺残腫瘍による再発予防を目的として行われる化学療法です。

手術からの回復を待って、術後6週間以内を目標にTS-1という抗がん剤の内服を開始します。標準量80 mg/m2/日を4週間内服し、2週間休薬するコースを1コースとし、術後1年間継続する。
術後補助療法では血液毒性・非血液毒性とも出現しやすいので、抗がん剤の内服量を減らすか、投与スケジュールを2週間内服、1週間休薬に変更するなどの対応を行っています。

胃がん手術後のフォローアップ

胃がん手術後の生活指導および胃切除後症候群に対する治療を行い、再発リスクに応じて計画的にフォローアップが必要となります。当院では、術後は5年間以上のフォローアップを原則としています。

担当医師の紹介