文字の大きさ

背景色変更

代表/9:00~17:00(土・日除く)

リウマチ膠原病内科

  • 内科(リウマチ膠原病内科)のご案内
  • 医師紹介

特長

 内科(リウマチ膠原病内科)が対象とする疾患は、膠原病(関節リウマチ・全身性エリテマトーデス・強皮症・血管炎・皮膚筋炎など)、膠原病類縁疾患(ベーチェット病・IgG4関連疾患など)及び内科的関節疾患(乾癬性関節炎・リウマチ性多発筋痛症など)です。 一般的に見られる症状は関節炎、皮疹(顔面・手・下腿に多い)、レイノー症状、手指の硬化などです。これら症状が認められる方や検査で抗核抗体やRFが陽性の方は、ご紹介・受診をいただきたく存じます。診療を主に担当する槇野医師は、日本リウマチ学会やその他の多くの研究会において、膠原病の学術研究における指導的な役割を担っています。専門とする分野は、関節リウマチの先端的治療、全身性エリテマトーデス、血管炎(特にANCA血管炎)、膠原病性間質性肺炎、膠原病性肺高血圧となっています。大阪医科大学附属病院でも外来診療を行なっており、重篤な症状の方は同附属病院、急性期治療が終了され安定された方は三島南病院で診療を継続します。 

前記の疾患が疑われる場合であって、大阪医科大学附属病院への紹介・受診までは躊躇されることがあれば、当院の内科(リウマチ膠原病内科)にご相談ください。

担当医師の紹介

外来診察
午前 槇野 木坊子
午後 松田 槇野

・都合により休診とさせていただくことがあります。

・午後の診察は予約制です。

・医師ごとに診察を行わない週がありますので各月の診療担当表をご確認ください。