文字の大きさ

背景色変更

代表/9:00~17:00(土・日除く)

脳神経内科

特長

 脳神経内科では、中枢神経系(大脳・小脳・脊髄)、末梢神経系、筋肉などの病気の診察と治療を行います。これら病気の原因は様々で、炎症、変性、 血管障害、代謝・ホルモン異常などがあります。「からだ」に現れる具体的な症状としては、以下のようなものがあります。:頭が痛い(頭痛)、もの忘れ、しびれ、めまい、勝手に手足が動く、ふるえ、うまく力が入らない、歩きにくい、ふらつく、手足がつっぱる、むせる、ろれつがまわりにくい、けいれん、物が二重に見える、意識がはっきりしない等。このような症状があれば、ぜひ脳神経内科にご相談ください。なお、心理・社会的要素による種々のストレスが深く関与する病気を診察する心療内科や、うつ病、統合失調症などを診察する精神科(神経科) とは診療内容が異なりますのでご注意ください。

担当医師の紹介

外来診察
午前 宇野田 木村
午後 山根 宇野田 木村

・都合により休診とさせていただくことがあります。

・午後の診察は予約制です。

・医師ごとに診察を行わない週がありますので各月の診療担当表をご確認ください。