文字の大きさ

背景色変更

代表/9:00~17:00(土・日除く)

外科(血管外科)

特長

 当院血管外科では、腸骨動脈を含む下肢末梢動脈、下肢静脈瘤、深部静脈血栓症、リンパ浮腫等の疾患を扱っております。

下肢の冷感・シビレ感、歩くと脚が痛くなってくる間接性跛行、下肢の難治性潰瘍、下肢静脈瘤、下肢の浮腫や腫脹などが対象となります。血液検査、ABI、下肢血管エコー検査(ドプラー検査含む)、血管CT検査やMRI検査等を施行し、原因となっている疾患の診断や病期の判定を行います。 そのうえで、適切な治療法について患者様と一緒に検討いたします。治療の内容によっては他の診療科や大阪医科大学(心臓血管外科等)にご紹介しております。上記のような症状でお困りの方は是非ご相談ください。

担当医師の紹介

外来診察
午前 後藤
午後

・都合により休診とさせていただくことがあります。

・午後の診察は予約制です。

・医師ごとに診察を行わない週がありますので各月の診療担当表をご確認ください。